田舎暮らしのデメリット その①デカさも数も半端ない虫たち!対処法を紹介

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク

田舎暮らしのメリットを書いたので、今度はデメリットを紹介します。

そう、一番のデメリット、それは、デカい、そして多い、、虫たちです。。

もともと街育ちだし、虫、とくにGさんなんか大嫌いだし、ハエも苦手。しかし、田舎暮らしが始まった瞬間から虫との戦いは始まります。

虫の写真が出てきますので苦手な方はお気をつけください(汗)

スポンサーリンク

危険ではない!けど不快指数100%の虫たち

臭すぎる。。洗濯物に潜むカメムシ

大量発生するカメムシ

春と秋に必ず戦う相手、それはカメムシです。ご存知の方も多いかと思いますが、カメムシは危機を感じると悪臭を放ちます。

めーーっちゃ臭いです。自分の悪臭で死ぬこともあるんだとか。

それが田舎では洗濯物にたくさんつきます。とくに黒っぽい服の内側に良くいるので、洗濯物は必ずよく払ってから取り込みます。

部屋にもたくさん入ってきます。そして危険を感じると匂いを出すので、ハエのように叩くことはできません。

やっつけ方は各家庭で色々あるようです笑

我が家では空の封筒にカメムシを閉じ込めます。さっと閉じると匂いがしないので。

灯油を入れたペットボトルに入れる家もあるみたいです。いずれにせよ、匂いを出す前にやっつけるにはテクニックを要します笑

春秋には大量に発生するので、この時期あ、カメムシ!というワードをみんな使いまくります。2歳の息子は田舎暮らしを始めて最初に覚えた言葉は「カメムチ」でした笑

どこからか侵入してくるアリたち

暖かくなってくるとどこからか虫が入ってきます。田舎の古い家は隙間が結構あって出入り口が多くあるんでしょうか。

特に子供たちが部屋で食べカス落としたりするた、アリがうようよ行列してたりするので、もう見てるだけで痒くなります。

カメムシやアリは危険度は低めですが、発見するとかなり萎えます。。

我が家では出入り口になりそうなところに置き型の殺虫剤をおいてます。

隙間のあるところにありの殺虫剤
スポンサーリンク

危険な虫がたくさん!睡眠時でさえ気が抜けない田舎の家

暖かくなってくると現れるムカデ。危険、キモい、手強いやつら

暖かくなってくると現れるのがムカデ。水周りや寝室に現れます。

噛まれると熱が出るほど毒を持ちます。そしてツガイで動くので1匹みたらどこかにもう一匹いる可能性が高いのも萎えポイント(泣)

ムカデは切っても死なないので、現れたら火箸で摘んで熱湯をかけて退治します。

退治も、危険なのでえいっと叩いたりできないため、家の中で出会うと慣れないうちは大騒ぎになります。

こないだは寝ようとしてるところに布団に這っているムカデと遭遇し、退治したあともツガイのもう一匹が怖くてよく眠れませんでした。。

対策としてはムカデが寄ってこないよう庭にまく薬や、見つけた時に退治する用のスプレーなどありますが、手軽なのは部屋に置くタイプのジェルかなと思います。

置いておくとムカデが部屋には来ない気がします

置くだけでムカデが寄ってこなくなるので手軽です。難点はちょっと臭い。寝る時に顔から遠くなるよう、置く位置大事です笑

超危険、すずめ蜂とも遭遇の可能性あり

2度刺されたらアナフィラキシーショックで死んでしまう可能性もあるというすずめ蜂も田舎では遭遇する可能性があります。

なんなら家のすぐそばで巣を作ることも。

そうなると子供たちを家の周りで遊ばせることすら心配になります。見つけても大きな声を出さず、そっと逃げるよう教えておくこと。白っぽい服を着せておくなどで対策します。

その他の対策としては巣を作りそうな所に4月くらいまでにスプレーの殺虫剤をまいておくと巣ができにくいようです。

その他の対策としては巣を作りそうな所に4月くらいまでにスプレーの殺虫剤をまいておくと巣ができにくいようです。

スズメバチ マグナム ジェット プロ 蜂駆除スプレー(550ml)【spts10】【ハチアブジェット】
価格:1372円(税込、送料別) (2020/6/4時点)楽天で購入

この他にも虫との戦いはたくさんあります!クモなんて、めっちゃでかいので苦手な人は卒倒するんじゃないかと思うレベルです。。

一番の対策は虫に強くなることかもしれません笑

こいつらには絶対負けん。全然平気、怖くない。と思えるメンタル作りに励んでおります笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました