田舎暮らしのメリット その②音、匂いが気にならない!ご近所との距離もいい感じ?!

スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク

田舎暮らしのメリット、その①で結構書いたけど、その②では人付き合いについてのメリットを紹介します。

スポンサーリンク

お隣さんとも距離がある?!田舎の家の快適さ

声も足音も気にしなくていい!子育て世代には嬉しい変化

田舎に来る前、集合住宅に住んでいました。

家には男の子が2人なので、足音や声がうるさいとトラブルになったことも(泣)

夜は早く寝せたりしますが、昼間の小さい時の泣き声や足音はどうしようもなくて、本当に本当に悩みました!ハゲるかと思ったわ。

それがこちらにくるとものすごく大きい声を出しても隣にも聞こえないし、一軒家なので走り回っても全然気にならない

もともと一軒家に住んでる人にはあまり変化ないかもしれないんですが、マンションやアパートから引越しすると、開放感ハンパないです

近所を気にしなくていいから調理の幅が広がる!

都会でも広い庭があれば出来るんですが、そうじゃないとなかなか出来ない、バーベキューも気軽にできます。

また、煙を気にしなくていいので、燻製も時々します。燻製するとめちゃくちゃ美味しくなるものがあり、楽しい!

汚れてますが笑、燻製器とチップ

一番のおすすめは七輪。焼き鳥や魚の干物、焼き芋、焼きおにぎりなど、七輪で焼くと圧倒的に美味しくなります。

焼きなすや焼き椎茸も

お隣さんとかなり距離がある田舎では、けむりや音など気にせず色々楽しめるので、これも一つの大きなメリットかなと思います(^^)

スポンサーリンク

ご近所さんにお裾分けでもらうものも新鮮で刺激になる!

物理的に少し距離があっても、高齢化していることもあり、都会より支え合って生きている農村部。

ご近所さんとのお付き合いはあります。

私の場合、来て間もないので両親がお付き合いをしています。

家で野菜を作っていても、近所から野菜を分けてもらうことがよくあります。

家によって出来や作っているものの種類など様々で、いただいたもので美味しかった品種があれば、じぃじは苗を買ってきて挑戦したりしています。

よく頂く椎茸がぷりぷり肉厚であまりにも美味しいので、家でも作ることに。

椎茸、菌を付けて出来るまでに3年かかるんだとか、、。来年はついに出来そうなので楽しみです。

スポンサーリンク

まとめ

騒音問題で心身が疲れることもなく、適度な距離でお付き合いできるのが田舎のいいところの一つな気がします。

家の父(じぃじ)もそうなんですが、数年前に田舎に引越して、新たに農業を始めました。

新たに農業を始める人にとって、近所の人は皆んなよき先輩。

両親はその土地の土や気候に合った種類を皆さん作っているので、いろいろ教えてもらったり、お裾分けしてもらいます。

かわりに近所の人が高齢の為出来なくなったことを変わりにしてあげたりしながらいい付き合いをしているようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました